食あたりの応急処置について

例えば「食あたりかな!?」と思ったら、まず応急処置が必要だと言うことを頭に入れておいてください。そこで今回は、家庭内で出来る応急処置について紹介しますね。

<食あたりの場合の症状として>下痢、嘔吐が特徴です。

<脱水症状の予防として>まず水やお茶、スポーツドリンクでこまめに水分補給をしてください。

吐いたものが気管支に詰まらないようにしてください。そのために、横向きに寝かせておくと良いでしょう。気管支に詰まると呼吸困難とか、肺炎になってしまうこともあります。その辺は、注意が必要ですね。

※ 病院に行かないで、自己判断で下痢止め、解熱剤を飲むのはダメですよ。下痢を起こすと言うことは、原因があります。ですから、原因もわからないうちに下痢止めは飲んではいけないと言えます。特に食あたりの場合に言える事ですね。腸内の細菌を出してしまうことが最優先になるからです。その必要があるからです。ですから、下痢を止めると細菌が腸内に留まってしまうことになります。症状が悪化してしまうこともありますし、食事を摂ることができるようなら、柔らかいお粥のようなものが良いですね。

もちろん、食べてもまた吐き出してしまうこともあるので、その場合は、無理して食べる必要はないと思います。お勧めです。それは何故かと言うと、塩分などの栄養分が含まれているからです。そのエネルギーを補給してやる必要があるからです。(笑顔)

乳酸菌の選択の仕方としては、まずは、気になった乳酸菌を含む商品を試用してみると良いでしょう。

このごろは、乳製品の味ではない乳酸菌飲料も存在するし、乳酸菌サプリも販売されています。

内臓まで届く乳酸菌飲料を試したとき、次の日、トイレから出られなくなったので、休日の前になったら試すといいかもしれません。

乳酸菌サプリメントと言えば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。

まだまだ子供だった頃から市販されていたサプリであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでいたときも、変わることなく私のお腹をしっかりと守ってくれていたのでした。

CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、個人的に効果を期待できる乳酸菌サプリはまずはビオフェルミンなのです。

元々、便秘に悩んでいたのですが、最近は少しずつ改善されてきています。

改善できたポイントは、とにかく、ヨーグルトを食べるという対策でした。

友人がこの方法で成功したという話を聞いて、私もやってみようと思ってヨーグルトを買いこんで毎日実行したのです。

ヨーグルトを毎日食べているうちに、だんだん良くなってきて、便秘をすることがなくなりました。

アトピーの治療には食べるものも重要です。

アトピーに対して効果がある食事を心がけることで良い状態の肌へと生まれ変わることができるでしょう。

胃腸などの消化器系へ配慮して免疫力を高くする成分としてヨーグルトや大豆食品といった食品を日々バランスよく摂取するとアトピーの改善に良い方法です。

だいたい1~5歳くらいまでの幼児がインフルエンザといった病気に感染し、熱が出た後、急にけいれんや意識障害、または異常行動等の症状が現われるのがインフルエンザ脳症というものです。

インフルエンザ脳症は、命にも関わってくる深刻な疾患であり、回復した後に後遺症の残ることもあるのです。

屁による臭いに悩んでいる方は乳酸菌をとるといいのではないでしょうか。

屁の臭いの元は悪玉菌にあるとのことです。

そんなわけで、お腹の中の善玉菌を増加させ、悪玉菌が増えるの、を防止する働きのある乳酸菌を摂ることで臭いを和らげることができます。

そもそも、インフルエンザは風邪と異質なものと聞きます。

その症状は1日から5日ばかりの潜伏期間を経て、すぐに高熱となり、それ症状が3日から7日続きます。

種類によって、筋肉や関節の痛み、腹痛や下痢など症状に、小さな違いがあります。

しかし、肺炎をおこしたり、更に脳炎や心不全を起こす事もあるので、怖くもある感染症です。

あなたがインフルエンザと診断されてしまったら、とにかく栄養をしっかりと、摂るために食事をしなくてはいけません。

市販薬も重要ですが、栄養補給も大事です。

とにかく早くインフルエンザを治すためにも、水と食事は抜かないようにしましょう。

朝昼晩と食欲がわかなくても、胃に優しくて栄養満点なものをできるだけ摂るようにしてくださいね。

運動不足は筋肉が弱くなるだけでなく、体の不調も起こってきます。

中でも女性に多く症状が見られるのは便が何日も出ないことです。

運動不足を解消しようと、会社へ行く時にエレベーターの代わりに階段を使ったり、食事の時に食物繊維が多いものを増やしたりするのが一番です。

後、可能なら、便秘にならないようにするため、、週に1、2度はウォーキングしたり、自分に合った運動をして体を動かした方がいいです。

どこかに記載があるはずなので、それを参考にして摂ってみて下さい。

一気に1日分をこまめに分けた方が身体のすみずみまで届くということから効果のある方法です。

乳酸菌シロタ株と聞けば、ヤクルトしかありません。

その昔、白血病を患い、病気と闘った経験をお持ちの渡辺謙さんのCMでもよく知られています。

すっかり白血病を完治し、ハリウッドで大活躍の渡辺謙さんがコマーシャルで薦めていると、おおきな効果が得られそうな期待がもてます。

ここ最近の話ですが、オリゴ糖は乳酸菌を増殖させる成分としてクローズアップされています。

実際の話、オリゴ糖を加えられた乳酸菌の働きはアクティブになり、胃や腸、の悪玉菌の増殖を減らし、腸内環境を良くしてくれます。

乳酸菌とオリゴ糖は両者とも内臓の働き向上や健康には必須な成分ということができます。

元々、母はひどいアトピー持ちです。

どうやら遺伝していたみたいで。

私もアトピーを発症しました。

肌が荒れてしまって、日々の保湿ケアが欠かせません。

お肌のスキンケアを怠ってしまうと、何もままならないです。

母を責めるわけではないのですが、いつか、私の子供にも遺伝してしまうのかと思うと、怖くなってしまいます。

結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私が経験したのは、大量に食べないと、効果があまり感じられません。

毎日1パック位食べて、やっと便通があるという感じです。

ヨーグルト愛好者にはいいですが、嫌いな人も、ジャムを入れたりして、可能な限り摂取すると効果アリです。

私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供の頃は、「親から虐待されてるんじゃないか?」と言われる程、悲惨な見た目でした。

様々な治療法をやっても、殆ど、効果がなかったのに、住む場所を変えたところ、信じられないくらい肌がキレイになり、痒みもなくなりました。

できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピーの治療に一役買うかもしれません。

関連ページ